芯に当たらない理由

芯に当たらない理由
(シャンクや先っぽに当たるのを防ぐには)

誰もが毎ショットを、全て芯でとらえたいと思っています

現実的には、クラブフェースの根本に当たるシャンクや、先端側に当たるショットが、なかなか無くなりません。

残念ながらスイングのシステムが変わらなければ、それらは永遠に無くなることはありません。。。

偶然上手く行くことも多々ありますが、時間が経てばいつのまにか、また再発するものです。。。

芯に当たらない理由は、

1)体の位置、角度がズレている
2)腕と体の位置関係がズレている

これらのどちらか、あるいは両方が要因で

スイング軌道がズレている

からです。

一般的には、

インサイドアウト軌道
(=右打ちの場合、クラブヘッドが目標の右方向に動く軌跡のスイング軌道です)

が強いと、ヒール(根本より)やネック(シャンク)

アウトサイドイン軌道
(=右打ちの場合、クラブヘッドが目標の左方向に動く軌跡のスイング軌道です)

が強いと、トウ側(クラブフェースの先っぽ側)

に当たりやすくなります。

軌道が大きくズレていなくても、ダウンスイングで体の位置が少しでもボールに近づいたらヒールに当たります。
更に、たった2.5cm程度ボール側に動いてしまったら、あの最も嫌な“シャンク”です

反対に少しでも起き上がればトウ寄りに当たり、やはりたった2~3cmズレれば、超先端に当たります

ちなみに、ウッドやUTの場合、ヒールに当たってもシャンクは出ません。
アイアンのようにネックが無いからです。
代わりに、ミスはゴロ、トップ、チョロです。。

つまりインサイドアウト軌道、あるいはボール側に突っ込み気味のスイングの人は、シャンクとチョロ、トップと、色々出てしまうのです。。
加えてヒールに当たると、いちじるしく飛距離をロスします。

アウトサイドイン軌道の人は、
テンプラ、ひっかけ、スライス、超スライス、ダフリ、トップ、飛ばない、とこれまたミスのオンパレードで悩みは尽きません。。

困っている時の一時しのぎとしては、

ヒール寄りに当たる人は、アドレスで重心をかかと寄りにして、“力まずに”とにかく打つときに体を目標方向に回転すること

トウ寄りに当たる人は、バックスイングで腕を時計周りに一切回転させずに(クラブフェースを閉じたまま上げる感じ)、手(グリップ)を可能な限り背中側に行くように振り上げることです

一時しのぎは、芯に当たるかもしれませんが、ボールは真っ直ぐに飛ばないかもしれません。
あくまで困ったときの一時しのぎなのです。

本質的にミスを無くし、芯で打てるようになるためには、自分のスイングの問題が、

・体の角度や位置のズレにあるのか?
・腕や手の体との位置関係がズレてしまっていることにあるのか?

あるいは
・両方か?

を知り、正しく対処を取ることです。

正しく対処を取ると言っても、どうするの??

と言うあなた、

正しい対処の第1番目は、誰もが軽視する
セットアップ

つまり、
・グリップ
・姿勢
・体重配分
・ボール位置
・目標に対する体の方向

です。特に大切なのが

姿勢、グリップ、そして腕を体のどこにセットするか

です。

これらを完全に正したうえで、スイング動作の修正に入れば、あとは修正する点は「1点」だけで済みます。

その1点は??

と言うあなた

それを見つけることが、あなたのゴルフが向上するかどうかの最大の“鍵”です。

レッスンでは、ビデオを使って、体の動きの詳細を確認し、体の角度、位置はどうなっているのか?
また、腕や手、手首が体との関係性を崩さない状態を保てているのか?

ズレているとしたらどこでズレているのか?

それらを判断し、ズレの原因を究明したら、あとはズレを治すために“どうしたら良いのか?”という「あなた専用の対処」を施します。

そのうえで、実際に打ってみて、上手く行かない原因を把握し、こうやって動けば、あるいはこうやってスイングすれば

「上手く当たるのか!!」

ということを理解していただくようにするのです。

ほとんどの方が、その場で当りを改善できるようになります

ただ相当注意しないと、スイングはすぐに元に戻ってしまいますが。。

いつも芯で打てるスイング

は皆の理想ですね。

あなたがそうなるためには、ご自分のズレを知れば良いのです。

ご自分のスイングの仕組みを正しく理解し、対処を覚えれば、コースでのプレーでもミスが減り、スコアアップできるようになるでしょう。

もっと芯でとらえて楽しくゴルフをプレーできるようになって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA