レッスン後のラウンドでベスト更新

先日ハーフ&ハーフを受講いただいた方が
その日の午後のプレーでハーフのベストを更新されました!!

ハーフ&ハーフとは、午前中に練習場でレッスンし、
午後に9ホールのオンコースレッスンを行うプランです。

その方、今までのベストはハーフで44

今回は、途中で60ヤード前後のアプローチを
グリーンに乗せ損ねてダボを叩いたホールが
2つも有ったにも関わらず
最終ホールを8オーバーのベストタイで迎えました。

 

たらればですが、もしその2ホールが、
ボギーだったらベストを3打も更新して
41だったんですが。。。

 

でもその方、最終ホールでバーディー!!
を取ってベスト更新!!
43!!

ナイスプレー!!でした(^^)

 

レッスン後に即結果を出せるのは、なかなかすごいですね!

 

良いスコアを出すには、大きなミスを出さないこと
そのためには、インパクトを安定したものに
することが必要です。

 

安定したインパクトが得られると
即スコアアップします。

 

ミスが出ない=スコアアップ
です。

 

インパクトが安定しない原因は
必ずスイングのどこかにあります。

それを見つけて、修正のための
ドリルを実施
そうするとスイング全体の流れが
改善し、結果的にインパクトが
安定します。

 

アウトサイドインだからもっと意識して
インサイドアウトにスイング
この様な時代遅れの処方は効果が出せません。

 

問題の原因を探り、悪い部分をもとから断つ
それが出来れば、スイングは安定します。

 

もっと上手くなって安定して良いスコアを
出したいならば、自分のスイングの仕組みを
論理的に把握し、問題を修正するのではなく
問題の“原因を”修正するのです。

 

それができれば、あなたのスイングは
見違えるように良くなり、ゴルフがもっと
楽しくなりますよ^^

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA