正しいテークバックの方法とは?

こんにちは
石田昭啓です

今日は、多くの人が悩む点
スイングの始動
についてお話しましょう

どのようにクラブを始動させる
べきなのか?

悩ましいポイントですね・・

安定したショットを望みながら
手で操作して「良いと思われる」
位置にクラブを持っていく

意識している、していないは別として
このようなテークバックを
している人が、とても多いです

いつも同じスイングを繰り返すには
なるべく単純な動作であるべきですね?

なおかつ、ゴルフスイングは
始動からフィニッシュまで全て一連の
つながった運動ですので、

1つの動作がその後の良い動作の
引き金とならなくてはいけないのです

無駄な動きでバランス悪くスイングを
始動させてしまっては、その後に急に
シンプルで繰り返し可能な良い動きに
修正することは至難の技となりますから
スイングの始動はとても大切です

よく聞くのは

・外に引け
・内に引け
・真っ直ぐ
・低く
・高く
・・・・

そろそろこう言った対処療法
からは卒業しましょう

始動の瞬間は、体、腕、クラブ全てが
一体となって同時に動きはじめます

安定したスイングは、体の動きが主体となる
ことで達成されるのです

つまり始動の瞬間にバランス良く体を
使って、腕や手に頼らずに動き始める
ことが大切なのです

その為には、

・アドレスでの健全なバランス
・リラックスしていること

が欠かせません。

良い姿勢、良いバランスで構えたら
力まずにクラブの重みを感じながら
体を捻り始めます

どの部分から始動するかは
個人差があっても構いません

肩、胸、お腹、腰、背中側のどこか

あるいは脚や膝から動き始めるように
した方が上手く行く人もいるでしょう

スイングが始動すると(右打ちならば)
即座に体重が右足かかとにかかり始めます

始動直後、クラブヘッドが
アドレスの位置から1m弱移動した位置
(グリップエンドは
まだ右腿の前にあるくらいです)

この時クラブはどこに位置しているのか?

・クラブヘッドは、体の回転に沿って、
飛球線の内側に来ているべきです

・ただし、腕や手首は単独では
回転させていないので、グリップよりも
クラブヘッドは外側に位置しています

・クラブヘッドは地面から少し
離れてきていますが、大きくは
上がってきてはいません。

・手の高さはアドレスとほぼ同じです

・グリップエンドの軌跡、
つまり手は飛球線後方から見たら
アドレスの時よりも体に
近づいてきています。

テークバックの答えは、

「体の回転で動く方向へ」
が正しい答えです。

例えば
腕や手首を時計回りに回転
してしまっている人は、クラブヘッドが
インサイドに向かってしまいます。

そんな人は「外へ引け」と言われ。。

体ではなく腕でクラブを動かして
しまうと、手が体から離れてしまいます

そうなると腕や手首を回転していなければ、
クラブは飛球線の外側に向かいます。

そんな人は「内に引け」とい言われ。。

腕で動かして手は体から離れているけども、
腕、あるいは手首を捻って回転させている人は、
腕は外側に、クラブヘッドは内側に、
というとても複雑な動きをしています。

こんな人の場合、「真っ直ぐに引け」
となるでしょうか??

何れの場合も、問題の根本原因、
つまり体での始動でなく
「腕や手で始動していること」
改善しない限り、

ずーっと、
「外、内、真っ直ぐ、内、外、真っ直ぐ・・・・・」
などと微調整を繰り返さなくては
いけなくなってしまいます。

手や腕で良い位置に持っていく
必要はないのです。

良いアドレスの準備を取って、
単純に体の回転で始動すれば
良いだけなのです。

これで内側、あるいは外側、
はたまた真っ直ぐなどと
考える必要が無くなります。

スイングの軌道、プレーンとは、
意識して作るものではなく、
正しく体を捻って、無駄な腕や手首の動き(※)
を出さないことで、自然と良い位置に
収まる物なのです。

(※)手首や肘を曲げないという事ではありません。

トッププレーヤーの素晴らしい
スイングプレーンを見て、
それはものすごい才能、あるいは、
練習の成果などという解説を、
たまに雑誌などで見かけますが、
そうでは無いのです。

もちろん練習して良いスイングプレーンを
作り上げている面もあります。

ただし意識してプレーン上を
振っているわけではないのです。

ここに上げる
ここを通す

こんな風に“意識だけ”して良い位置に
動かすことには何の意味もありません。

たまたま良い位置をクラブが動いたから
と言って、スイングの仕組みそのものが
改善されていない限りは、

決して安定して良いショットを
出すことは出来ないからです。

正しいバランスで、無駄の無い動きをすれば
クラブは“自然と”良い位置を動いていく
ようになるものなのです。

内側に引く、外側に引く、真っ直ぐ引く

ではなく、

「体をひねって、腕は体の動きに従わせる」

その結果、軌道は定まる

こんな風にシンプルに
テークバックしていきましょう。

最後までご覧いただき
ありがとうございました。

本当のナイスショットと安定したスコアアップのために
A.Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

継続は力なり

次の記事

力み解消法