プレーでの失敗を無くす方法

こんにちは
石田昭啓です
(この記事は年末に書いたものです)

今年も残り2日ですね 今年のゴルフはいかがでしたか? ベスト更新 変化なし 調子を崩した などなど人によって様々でしょう 私は、忙しくて1年間で10回くらいしか
プレーができませんでした。。(泣) 今年は年始にタイ、3月にフロリダと出張があったので、
その時に連続でプレーしたので、
(7月以降2回のみですが。。)比較的プレーした年でしたが、、、 来年はもう少しプレーできるといいな~(笑) さて今日は「プレーでの失敗を無くす方法」についてお話します 良いスコアを安定して出すための大切な要素の1つは 「同じ失敗を繰り返さない」 という事ですが、それがおろそかになっている人が たくさんいます。 その日のプレーが終わったら、必ず反省して
問題点を解消するために練習をすることが大切です。 トップが出るなら「トップしないためには?」 シャンクが出たら「シャンクしないためには? フックが出たら「フックさせないためには?」 ダフリが出たら「ダフらないためには?」 バンカーからホームランしたら「ホームランしないためには?」 アプローチでざっくりしたら「ざっくりしないためには?」 パターで距離感があわなくて3パットを量産したら 「正確に距離の調整をするには?」 などなど人によって様々なミスがありますが、 スコアを悪くしたショット、それも最も影響の大きかったものに関しては、 その日のうちに対策を取れれば、 次のプレーで同じ失敗を繰り返す可能性を減らせます ドライバーでOBを連発したら 「どうしたらOBまで行かない範囲でおさめられるか?」 をある程度自分で納得できる範囲までにして、 その日を終えること。 1Wの確率が悪ければ、3Wで打つ など、とにかく次のプレーで死ぬ気でOBを減らすつもりで取り組めば、 なにかしらヒントをつかめるものです。 もちろん自分ではどうしようもないのならば、
プロにアドバイスを求めたら良いでしょう。 プレー後の練習をしないと、次のプレーで
偶然良くなることはあっても、いずれまた
同じミスを繰り返します。 ティーショットでは、あまり良い当たりが
無かったけどOBとか林はほぼ行かなかった そういう場合はドライバーの練習をしたくても、
他の分野を復習すること。 何を優先的に練習するかは、イメージではなく
実際のスコアにどれくらい影響しているか? で決めましょう。 プレーしたその直後に、そのコースの練習場やアプローチ、
バンカー練習の場所に行って取り組むことが大切です。 それがプレーでの失敗を繰り返さないため
の1つの方法です。 プレー後に練習できない理由は様々でしょう。 ・友達と相乗りの車で行くから ・帰りのバスに間に合わない ・お風呂に入りたいから ・飲んでしまうから 言い訳をせずに⇒ :友達がお風呂に入っている間に練習 :早い時間のスタートを予約する :家に帰って入る :帰ってから飲む のようにすればできませんか?
人それぞれゴルフに取り組む姿勢や、練習方法は様々です。 どのように取り組んでも上達すれば良いのですが、
ミスショットを無くすために、最も効率良い練習の
タイミングは、プレー直後です。 多くの人は、頭の中だけで反省し、
問題点を取り除こうと具体的行動には出ません。 私は、 「なぜやらないの?」 と、いつも疑問を感じます。 それと同時に、プレー後に練習場に向かって、
コツコツ練習を積む人に、尊敬の念を抱きます。 こういう姿勢を持った人には、
無制限にアドバイスをしたくなってしまいます。 「なんとか上手になって欲しい!!」 という気持ちで楽しくワクワクしてくるのです。 上達したいと思っている方が、ミスショットを減らし
安定したプレーを出来るようになるたの
手助けを出来ることは、私の最上の喜びです。 本当は、あなたに気軽にお目にかかって、プレー後の練習場で 「今日はどうでした?」 「こうするとダフリがでませんよ」 のような感じでやり取りできると良いのですけどね。。 プレー後の練習を活用して、
少しづつでも確実に上達しましょう。 最後までご覧いただきありがとうございました。


本当のナイスショットと安定したスコアアップのために
A.Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

トッププロの条件