あなたのスイングが向上しない理由

こんにちは
石田昭啓です 今日は、なかなかスイングが向上しない理由
と対処について2点、記します。 1)何が問題でミスショットが出るのかを
「正しく」把握する
問題点の原因を正しく把握している人が
少ないことに日々驚かされています。 レッスンなどで何度も同じことを練習していても、 「言われるからやる」 という姿勢では、 いつまで経っても本質的に問題を理解して、 解決するという事はできません。 なぜ問題が起きていて、何が原因なのか? その問題がショットに出す影響は何か? 関連して起きる問題は何か? そう言った自身のスイングの問題点 およびそれが引き起こす問題を理解し、 自分のスイングに関して 正しい知識を持つことが大切です。 何も複雑な公式や、 難しい理論などは必要ないのです。 ただ論理的で、冷静な考え方があれば、 誰にでも理解できることです。 雑誌やYouTubeに出てくるような、 特定の部分を修正するアドバイス 例えば、 「インパクトを修正する」 と言うようなもの、 「プロはこうしているからそれを真似る」 というようなもの、 こういったスイング全体のことを全く無視して、 改善したい部分だけを修正する というようなアドバイスを参考にしても 決して本質的な向上は求められません。 インパクトの問題は、 その前のダウンスイングの初期に問題があり、 その問題はトップの位置に原因があり、 トップはバックスイングの結果、 という具合に、本当の問題にたどり着くには、 一つ一つ原因を遡っていく必要があります。 上級者、ツアープロ、 インストラクター、 ティーチングプロを含め、 ゴルフスイングというものの仕組みを 理解していない人があまりにも多いことに 毎日驚かされています。 2)上手く行かない練習を続けない 練習場でただ単にボールを打つ、 これは最も効率の悪い練習方法です。 おっと、 貴方のおっしゃりたいことは 理解していますよ 「ちゃんとレッスンで習ったことを意識してやっています!」 「テーマを持って練習しています!」 ですね? それで効果が充分に出ていますか? 出ているならとても良いことですね。 しかし満足いく変化が出ていないとしたら? それは「ただ単に打っているだけ」 という練習をしているからです。 スイングを変えようとしている場合、 1球だけでもある程度
「良い感触」を得られることが大切です。 何度もやれば正しくない練習でも たまには良いショットが出ます。 何度やっても、いくら練習しても、 なかなか改善しない場合、 あるいはたまにしか上手く行かない場合、 やり方が悪い、間違っている、と疑ってみて下さい。 ・もっと大げさにやってみる ・微妙に角度や動く量を変えてみる ・違う部位に意識を持ってみる ・自分が信じているポイント 例=右ひざは固定、腰は回さない、
クラブは外に上げる、頭は動かさない、
ダウンは下半身主導、腰を切る・・・) こういった事を無視するなど、今までと
異なった感覚でスイングしてみることです。 スイングの変更、調整を試みる場合、 【違和感は有るけど、良いショットが出る】 これが大切なことです。 上手くいかない練習をつづけてはいけません。 もしなかなかスイングが変わらないならば、 自分では気づかない、いつも意識しているのとは 全く異なった部分を修正することです そうすると今までの苦労がうそのように解消し、 本当にスイングが改善して 上手く打てるようになるものです。 そんな風になりたい方は、是非こちらから
体験レッスンに来てみてください

https://leadbetter.jp/lesson/
あなた個性を見極めて、あなたのスイングのクセを
解消できるようなコツを伝授いたします。

ゴルフのスイングは皆異なり10人10色なのです。
型にはめようとしても決して上手くいきません

自分に合ったポイントで練習できれば、ミスが減り
思ったようにスイングの形も修正できます

1度しか打てないコースでミスが出ないスイング方法が
知れたら最高です。

もっとも嫌なミスが無くなり、スコアアップ
も必然です。

自分自身オリジナルのスイング修正のコツを
つかむことです。

それであなたはもっと上達できますよ(^^) それでは良い練習をして“確実に”スイングを
向上させて行きましょう!! 最後までお読みいただき誠にありがとうございました。



本当のナイスショットと安定したスコアアップのために
A.Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

トッププロの条件

次の記事

安定したスイングの要