vol.261 ハンドファーストのコツ

ハンドファーストにインパクトするためのコツを1つお届けします。

方法は動画をご覧ください。

私のおススメの練習方法は、以下です

1)初めはボールを打たずに、ハーフスイングくらいの大きさのスイングで自分の素振りを携帯で撮影し、チェックする。
ハンドファーストになっていたら次へ進む

2)30y程度のピッチショットでこのインパクトの形を練習

3)難しい人は、10y前後のキャリーのチッピングから練習してもOKです
方向、高さ、距離が改善されて、安定して打てるようになったら次へ進む

4)ウェッジのスリークォーターショットをしてみましょう
改善が見られたら、次へ進む

5)ウェッジのフルショットで方向、高さ、距離の安定度が向上できてきていると思ったら次へ進む

6)長いクラブに挑戦!

ハンドファーストにインパクトできると
・ラフからも上手く打てる
・ダフリ、トップが減る
・クラブ毎の距離がしっかりと出る
・斜面でも上手く打てる
・ライが悪い時やフェアウェーバンカーでもダフらない
・アイアンの飛距離がしっかりと出せる
等々
良いことだらけ。

では、動画でチェックしてみましょう!!

あなたがハンドファーストのインパクトを得るには、

1)そうならない “本当の理由” を知る事
2)その“本当の理由”(問題の原因)を解消するためのコツを1つ知ること

そうすれば何も考えずに無意識に自然と「ハンドファースト」に
なってしまいます。

たった1つだけ自分のスイングの悪いクセを矯正することです

それであなたもハンドファーストをゲットです!
あなたが思っているより意外と簡単にできます

ただし、取り組み方が間違っていると、超超難しい技巧となります。。

何ごとも正しい視点を知ることで、最短で結果を出すことが
出来るのです。

ハンドファースト

是非身につけてください

最後までご覧いただき
ありがとうございます。

本当のナイスショットと安定したスコアアップのために
A.Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

vol.260 練習のコツ