vol.263ドライバー上達のための基本

今日は、ドライバーを安定して上手く打てる
ようになるための基本について記します。

ドライバーは、最も遠くに飛ぶクラブであり
飛距離が出る分、他のクラブと比較して
ボールが曲がる度合いが大きくなります。

またロフトが立っていて、バックスピンが少ないため
当たり方が悪いとミスになる可能性が高いクラブ
でもあります。

クラブが長いことも、短いクラブと
比較してコントロールがとても難しく
なってしまう要因です。

 

80くらいでプレーできる人やプロでも
苦手な人がいるくらいです。

 

ドライバーショットはゴルフの醍醐味
の1つでもあり、上手く打てると
最高に気持ち良いです!

これぞゴルフ!って感じがします。
逆に上手く打てないと「凹みます」(笑)

 

ゴルフが上手くなるには、ドライバーの安定は
欠かせない点の1つですね。

 

ドライバーが良くなると、

OBやペナルティが減る
→スコアアップ

次に打てる場所が良い位置になる
→スコアアップ

という具合になりますが、それができないと
常に不安定なゴルフになりますし
大たたきが避けられなくなりますから
いつまでもスコアアップできません

 

ドライバーの安定性はとても重要です

 

まず理解していただきたいのは、
ドライバー用の特別なスイングは、不要
だという事です。
ゴルフでは、基本はクラブによってスイングを
変える必要はないのです。

 

パター以外のクラブは13本ありますが
それら13通りのスイングを覚えることは
不可能ですし、その必要はないのです。

 

ですからこれから説明することは、
ドライバー専用のアドバイスではなく
全てのクラブに応用できるものです。

 

スイングの仕組みが良くないと
「アイアンはいいけれどドライバーは上手く打てない」
となってしまいます。

 

そうなると、
「ドライバーは打ち方が違うのでは?」
と思いたくもなりますね。

 

しかしスイングの問題が軽減すれば
アイアンと同じようにスイングしても
必ずドライバーも上手く打てるようになるのです。

 

20年間、何千人も指導してきた私は、
そう思いますし、私の師匠レッドベター
もそう言っています

 

ただ実際には、クラブによって調整して
変えた方がよい事もあります。
それは、
・足幅(スタンス)
・ボール位置
・体重配分
・体の角度(前後左右)
・膝の曲げ具合

等のいわゆるセットアップと呼ばれる
打つ前の準備です。

 

これらは各クラブの長さに合わせて
少しだけ調整して変えたほうが
良い部分です。

では
ドライバー上達のための基本について記します。

1)セットアップ(打つ前の準備)を覚える(直す)
・グリップ
・姿勢
・ボール位置
・体の向き(方向)

2)体の使い方を覚える(直す
・胴体を回転する際の角度、方向、
位置、量、力の使い方等

3)腕や手首、肘の動きを覚える(直す)

やるべきはこれだけです。

 

これからゴルフを始める人
既にやっているけれど上手く打てない人

 

いずれも、ゴルフのスイングを向上しようと
するのであれば、自分のスイングの
問題がどこにあるのか?

 

それを見極めることが、初めにやることです。

上記した1)2)3)のどこか
あるいは、1)と2)か1)と3)の
どちらかに問題があることがほとんどです。

 

1)のセットアップは、ほぼ共通する部分
なのでどこかで正しいバランスを学んで
身に付けてください。

ゴルフスイングのエンジンである
体の回転運動(上記2)に関しては、
こちらの動画を参考にしてください。

腕の動きの無駄を減らしてドライバーを
上手く打つコツをつかむには、
こちらの動画を参考にしてください。

さて実は、ゴルフスイングとは、
型にはめて向上するものではないのです。

 

例えば、
体が動き過ぎて不安定な人は動きを減らす
ことが必要です。
体がキチンと回転できてなくて不安定な人は
正しく回転運動を行うことが必要なのです

 

このように、体の使い方1つを見ても
動きを減らすべき人と、もっと動く
必要がある人がいます。
これは全く反対のことですね?

 

こういった事が、体だけではなく腕、手首、肘
脚、足、膝、腰、肩、頭などあらゆる
パーツで起きているのです。

 

ですから
「こうすればドライバーが上手く打てる」というような
正解は、合って無いようなものなのです。

その正解の方法が人によって異なるからです。

何かのヒントを1つ提示しても、それが
効果を発揮する場合と害になる場合の両方が
あるということです。

 

ですから、あなたが本当にドライバーを
上手く打てるようになって
安定的に良いスコアを出したいならば、

良い先生を見つけて「自分特有の」
問題点および、その修正方法を
指導してもらった方が良いでしょう

雑誌やWEB、YouTubeなどを
見てもヒントは得られるかもしれません

 

しかし本当に自分に必要なヒントなのか?
あるいは、自分のスイングの問題を
悪化させるヒントなのか?
その判断をつけるのは難しいですね?

 

ゴルフスイングの向上は簡単でもあり
ほぼできない不可能なモノでもあるのです。

 

自分に適切なヒントならば、本当に
短時間で上手く打てるようになります。
今までの苦労が嘘のように解消し
即、ベストスコアが出ちゃう人も
いるくらいです。

 

逆に、間違ったヒントだといくらやっても
1日7時間、300日くらいやっても向上
しません(かつての私です。。笑)

 

もしあなたが
「ドライバー スイング上達 練習方法」
「ドライバー スライス無くす方法」
「ドライバー チーピンの原因は?」
などと、
検索してこの記事にたどり着いたのだとしたら、
これを機会にヒント探しからは卒業し

 

自分のスイングを本質的に向上できる
ヒントを提示してくれる先生を探す
ことに、方向転換をしましょう(笑

 

それが最短距離で上達するための
最良の方法だと思いますよ^^

 

では、最後までご覧いただき、
ありがとうございました。

 

本当のナイスショットと安定したスコアアップのために
A.Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA