vol.283来年こそは!!

来年こそは!!
(この記事は2021年の年末に書かれたものです)

今年最後のレターです。

以前にも書きましたが、
先日も、ご覧いただいている方に
「参考になります」
「ヒントをもらってます」
「楽しみにしています」
と言っていただき、毎週書いている意味が少しは
あるかなと嬉しく感じています^^

 

あなたの今年のゴルフは、どうでしたか?
コロナで例年以上にプレーの機会が増えた方も
多いでしょうか。。
反対に全くできなかったという方も
いらっしゃるでしょう。

 

来年はもっと落ち着いたゴルフ環境になって
欲しいものです。

 

さて、私も含めて誰もがもっと上手くなりたいと
思ってやっているゴルフ

 

良くなったり、悪くなったり、なかなか安定しない
難しいものですね。。

 

今年、しっかりと上達を感じられた、ベストを
更新した、そういう方もいらっしゃるでしょうし
代り映えしない、悪くなったという方も
いらっしゃるでしょう。

 

ゴルフの1番の難敵は、ボールが動かないことです。

動かないがゆえに、当てることはできる
偶然良い当たりをして真っ直ぐに飛ぶことがある

これが「勘違い」を生んでしまい、上達を阻害している
1番の要素になります。

 

もし合理的に上手くスイングしない限りは、
当たらない、真っ直ぐに飛ばないというモノだったら
話は簡単です。

失敗はダメ、成功は良しと判断が簡単になりますからね。

しかし、それだとほぼ真っ直ぐに飛んだり、良い感触の当たりが
無くなっちゃって、みなゴルフをやめちゃうでしょう。。
楽しくなさすぎますから。。(笑)

 

まぐれで良い当たりが出たり、良いスコアが出るのが
ゴルフの良いところでもあるのです。

 

だからこそ、少しスイングが良い方向へ向かえば
かなり進歩できる可能性があるのです。

今出ている良いショットの確率が上がれば
悪いショットが減るので、それだけ
スコアアップの可能性が増しますね?

 

偶然の良い当たりなのか?
本質的に向上している良い当たりなのか?

 

それをキチンと見極めて練習ができると
練習の効果が倍増し、プレーでも効果が
感じられるようになります。

 

YouTubeを見ても
友達、先輩のアドバイスでも
雑誌でも、
レッスンでも、
自己練習でも、
方法は何でもいいのです。

 

インパクトを安定して良い位置で
迎えられること
それが目指すべきゴールです

 

その為に、インパクトやダウンの動きを
練習しても、なかなか効果は出せません。

偶然当たることはありますが、必然では
ないから、不安定さからは脱出できないのです。

 

デビッド・レッドベターの最も素晴らしい点は、
スイング全体を見て、インパクトが上手く行かない
「原因」を取り除き、合理的で安定的なインパクトに
導いていくことです。

だから彼にスイングを見てもらうと、アマチュアでも
世界のトッププロでも、子供でも、女性でも
誰でもその場でスイングが変わり
「なぜだか上手く打てる」
のです。

 

ほとんどの人は、その場では本当の意味での
上手く打てる理由は理解できません。

ただそのアドバイスを忠実に守って継続していく
うちに、本当の意味を理解するときが訪れます。

 

そうなれば、他のポイントに浮気することなく
ひたすらそれに取り組むようになれるので
本当の意味での上達に向かい始めるのです。

 

そう、偶然はなく、必然的に上手く打てる
安定したインパクトのスイングに向かって。。。

 

来年こそは、私たちもそうなりたいですね(^^)

 

本年も格別なご愛顧を賜り誠にありがとうございました。

引き続きこの終わりのないゲームを楽しんで行きましょう!!
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

本当のナイスショットと安定したスコアアップのために
A.Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA