vol.298特定のクラブが上手く打てない理由

特定のクラブが上手く打てない理由

アイアンだといいけど、ウッドはダメ
ドライバーは良いけれど、アイアンはダメ
短いクラブはいいけれど、長いのは当たらない

等々

他のクラブだとまあまあ上手く打てるのに
”特定のクラブが上手く打てない”
というのは、よくあることですね。

 

なぜ、この様なことが起こるのでしょう?

考えられることは、主に2つです。

 

1つは、単純にクラブの特性の違いが
大きすぎる場合です。
他のクラブと比較して以下の点の違いが
大きすぎると、同じように振っても
当たらない事が出てきます。

・重量のバランス
・長さのバランス
・シャフトのしなり具合、位置
・ライ角度
・グリップの太さ
・ロフト

等々です。

 

これらは、道具の問題だということで
専門家に見てもらったら即、解決します。

 

もう1つの点は、スイングの問題です。
(私は、ほとんどの場合、こちらに
当てはまると思っています。)

 

例えば、スイング軌道がズレている場合

 

・ショートアイアンから、7番くらいまでは
何とか上手く打てる、けれどもそれ以上
長い番手はミスが急に増えてくる

とか

・ドライバーは、まあまあだけど
それ以外は当たらない、距離が出ない

等が起こりえます。

 

こういう状態は、実は自分では上手く打てている
と思っているクラブでも、実際には完全に上手く
は打てていないことが多いのです。

 

ただ、ミスが少ないから”気にならない”だけで、
実際は、スイングがズレているのです。
それが、上手く打てないクラブでは
誤魔化しきれなくなり、ミスとなって顕著に
現れてしまうのです。

 

上記は、軌道のズレの例ですが、スイングの問題は、
他にもたくさんあります。
いずれの問題であれ、それが少なければ、
どのクラブでも必ず上手く打てます。

 

ドライバーだけ上手く打てない
FWだけ上手く打てない
アイアンだけ上手く打てない
等々

 

特定のクラブが上手く打てない場合は、
クラブが合っていないのではなく、
スイングに問題があるのです。

 

このことをキチンと認識できる人は、改善しようと
するから必ず上達します。
反対に、上手く打てないことをフィッティングや、
メンタル、フィジカルで解決しようとしても
自己満足はできても、スコアは向上しないでしょう。

 

ゴルフは、どんな事をやっても多少の変化は出ますから
一時的に上手く打てるようになった気がするかも
しれません。

 

しかし、問題が解消されたわけではないので、
時間とともに元々の問題が復活してきます。

 

結局のところ、当たり具合、つまりインパクトを
向上するしかないのです。

 

自分にとっての合理的なインパクトになれば、
どのクラブも上手く打つことができます

 

クラブによって打ち方を変える必要は
ありません。
ボール位置や、スタンス幅、重心配分など
多少の調整は必要ですが、

 

体をどう回転するか
腕や肘、手首がどう動くか

 

これらはどのクラブでも全く同じように
できるのです。

 

ですから、同じようにスイングしても
特定のクラブだけが上手く打てない場合、
スイングがズレているという事ですので、

 

ご自分のスイングの問題点を減らすように
努めましょう。

 

スイングの問題が減り、苦手なクラブが
上手く打てるようになると、今までまあまあ
上手に打てていたクラブが更に易しく感じます。

 

それでプレーできれば、苦手なクラブでのミスが
少なくなっていて、得意なクラブでは良いショット
になりますから、ボギーやダボが減り、パーや
バーディの可能性が増してきます^^

 

これってどうでしょう?
スゴイですよね?

 

そうなんです!
苦手なクラブが上手く打てるようになれば、
確実にスコアアップできるのです。

 

ゴルフはミスのスポーツ
ミスが減れば、良いスコアは必至です。

 

あなたにもし苦手なクラブがあるならば、
それを克服して、是非スコアアップしてください。

 

ミスに敏感になって、それを克服する努力を
すること、それがプロや上級者が自然と
やっている取り組み方です。

 

私たちも見習うべきですね。

 

練習場ではなく、コースで苦手なクラブが
上手く打てた時の快感は、最高ですよ^^

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

本当のナイスショットと安定したスコアアップのために
A.Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA