vol.315:2022年全米女子アマ優勝

2022年8月14日に行われた、全米女子アマチュア選手権で
17歳の馬場咲希選手が、服部道子選手以来37年ぶりの
日本勢2人目の優勝を遂げました。

予選ラウンドは、
<第1ラウンド>
4バーディ、2ボギー1ダブルボギー「73」 イーブンパー

<第2ラウンド>
3バーディ、2ボギー1ダブルボギー「74」 通算1オーバー

34位で通過。

マッチプレーで争われる決勝トーナメントを勝ち上がって
の勝利でしたが、1回戦こそ1アップでしたが、
そこからは下記の成績
2回戦、3&1
3回戦、3&1
準々決勝、4&3
準決勝、7&6
決勝、11&9

後半は圧勝ですね。。凄すぎます

175センチという高身長から繰り出される
ロングドライブが1番の武器と言われています。

ドライバーの飛距離は、270y前後。
完全に女子の距離ではありません。

それでもアメリカでは、他にも同じくらい
かそれ以上飛ばす選手がたくさんいるようですが・・・

 

私は、彼女の1番の強さは、その精神力にあると
感じました。

 

優勝したい
勝てる

本気でそう思って臨める人は強いです。

 

誰もが優勝したいとは思っています。
でも、実際には心のどこかで
「厳しいだろうな」とか
「今は、まだ無理かな」などと自分自身に
絶対的な自信を持てずにいるものです。

 

優勝者は、来年の全米女子オープンの出場権が
得られるということもあり、
優勝だけを目指していたようです(^^;
(実際には、決勝で敗れて2位でも出られる)

もちろん、精神力がどんなに強くても
技術が無くては、それを生かすことはできません。

 

でも、どんなに技術があっても、それを発揮する
ことができなかったら、結局は頂点は
取れないのです。

 

マッチプレーという形式で争われる競技であることも
彼女の1番良いところが生きた要因と感じました。

 

ストロークプレーでは、全てのミスがスコアに
残ってしまいますが、マッチではミスしても
そのホール負けるだけで済みますから、
「取り返せばいい」と割り切ることができるからです。

 

自分に自信を持っていること

 

それが精神的なタフさにもつながりますし
舞台の大きさ、経験など関係なく力を
発揮できる要因にもなるのです。

 

もしかしたら、予選通過した時には
優勝のことは考えていなかったかもしれません。

 

しかし、マッチを戦ううちに、
「勝てる、勝ちたい!!」という想いが
だんだん強くなってきたのではないでしょうか!?

 

この勝利で、来年のプロのメジャー大会にほぼ
出場できる権利も得ました。

 

飛距離だけでは戦えないのがプロの世界ですが、
能力は間違いなく素晴らしいものがあるので
今後の活躍がとても楽しみです。

 

本気で世界No1を目指して頑張って欲しいです^^

 

我々が、彼女から学べることの1つは、
自信を持つということ

 

現在のゴルフでは、とても自分に自信は持てない
と感じるのが普通だと思います。

 

どうしたら、自信を持てるのか?

方法は2つ
1つ目は、単純に「信じる」こと
根拠がなくても構いません。
自分にはできると信じ続けること

2つめは、1つめを支えることにも
なりますが、成功を繰り返すこと

そして、成功を繰り返せるくらいまで
”やり切った”と言えるほど、
修練を積み重ねること。

 

何事も一朝一夕にはできません。
しかし、人間の意志の力は偉大です。

お笑い芸人ではないですが
「やればできる!」のです(笑)

 

これを機に1人か2人でもいいので、
やる気になって、やり切って
成し遂げる人が出て欲しいものです^^

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

本物のナイスショットと安定したスコアアップのために
A.Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA