vol.323.20y飛距離upやトップを無くすコツ

最近のレッスンで、
それまで上手く打てていなかったのが、
ちょっとした意識を変えることで、
急に上手く打てるようになった事が
ありました。

 

今回は、その事について記します。

 

1人目はKさん
80前後でプレーできる上級者です

 

アイアンは自信があって、上手く打てるが、
ドライバーの飛距離不足を改善したいと
言うのが希望でした。

 

レギュラーティーからプレーすれば、
70台も出せるけど、競技などのバックティーに
なると、急にスコアが悪くなるとの事で、
なんとか飛ばしたいと頑張っていました。

 

そんなKさん、改善したいポイントは、
体の回転運動でした。

 

Kさんは、バックスイングで重心や上半身の
位置が爪先側に動いてしまって、その影響で
インパクトでは詰まってしまって振り抜けずに
肘も曲がってしまい、スピードをロスしてました。

 

プレーンは良いので曲がらないのですが、
インパクトゾーンでは、体の回転も
減速してしまっていて、飛距離をかなり損していました。

 

こういうイメージで
こういう位置で
こんな風に

 

体を回転してトップまで行きましょう
とお伝えしてやってもらうのですが、
どうもしっくり来ないようで、飛距離も
5ヤード程度しか伸びませんでした。

 

何かを意識したり、注意している点があるか
伺ったところ
「しっかりと捻るために脚は固定し、
力を溜めるようにしています」
とのことでした。

 

「それです!!」
「Kさんは体が硬いので、それだと十分な
回転が作り出せないから、左足はトップに
かけてヒールアップして動かして下さい」

とお伝えしました。
Kさんは、「えっ、足上げてもいいんですか!?」

 

私は、「はい、上げる必要があります。
上げましょう!!」とお伝えしてやっていただいた
ところ、

重心や上半身がつま先側に動いてしまう悪癖がなくなり
いっきにボールスピードがアップしました。

 

それまで平均230yだったのが、いっきに

250y!!

も飛ぶようになったのです!!

 

「これはスイングしやすいです!
しかも飛ぶし、最高です!!」と
大喜びのKさん。

 

私も嬉しかったです^^

 

2人目は、Sさん
Sさんの無くしたいミスは、FWのトップと
右方向へのミスです。

 

バックスイングで腕の無駄な動きが目立ち、
ダウンスイングでは、右脚が早く動いてしまい
インパクトゾーンで前傾角度が失われて
体が起き上がってしまってました。

 

体が起き上がってしまうとフェースが開くので
右へ飛ぶし、起きることでトップも出ます。

 

Sさんの改善点はよく聞く前傾キープです。

 

私は、「体が起きているから前傾を保て」
というお粗末なレッスンをしないように
自分に言い聞かせながら、練習を開始しました。

 

問題の要因は、つまり起き上がってしまうのは、
脚が早く動きすぎてしまうからですが、その要因は、
バックスイングでの無駄な腕の動きにあるのです。

 

そして、その要因は、、、、
Sさんの場合、体の回転の位置、角度にありました。

 

最初は、腕で振り上げず、体の回転を親分に
「こういう感じでスイングしましょう」
といくつかのドリルをやっていただきました。

 

どのドリルも悪くなくて、普段よりもトップも
右へのミスも出ないと仰っていただきましたが、
私は、「どうもイマイチだな。。何か変だな・・」
と感じていました。

 

Sさんの能力ならば、もっと上手く打てるように
なると感じていたのです。

 

そこで気になる点があったので、お伺いしました。
「何か、頭を固定したり、体をあまり動かさない
ようなイメージがありますか?」と。

 

そうするとSさん、
「今まで習っていたプロに、『左右に動きすぎるから、
頭を固定しろ』と言われていたので、それを
意識しているかもしれません」とのこと

 

「それです!!」
きちんと体を回転しないと無駄な腕の動きで
補ってしまおうとするので、頭は動いても
いいから、体を回転しましょう。

今までの感覚からすると、前のプロにダメだと
言われていた、バックスイングで右へ、
ダウンからフォローでは左へと
動いているような感覚で回転しましょう!」

とお伝えしてやっていただきました。

 

するとどうでしょう、途端にトップせずに
右にも飛ばずに、飛距離まで出るようになって
しまいました。

 

「打ちやすくなりました!!
当たり損なわないし、右にも行きません。
動いてもいいんですね!!」とSさん

 

今回ご紹介した御二方ともに、良かれと思って
意識していたことが、逆に上手く打てない
要素となってしまっていました。

 

誰もが上手く打ちたいと思って何かを考えたり
意識しているのですが、それがかえって邪魔してしまう

 

ゴルフって本当にやっかいなスポーツです^^;

 

もしかしたらあなたも、ご自分の考えている、
あるいは意識していることを止めたら、急に
上手く打てるようになるかもしれませんね。

 

上手く打つ、つまりスイングを改善するための
1つのコツは、無駄なことを考えないことです。

 

最後までご覧いただき、誠に有難うございます。

 

追伸:
これを読んで「よし、俺もヒールupしてみよう!」
とは、思わないでください。
あなたは、Kさんとは違うのです。もしかしたら
バックスイングで起き上がっているかもしれませんし、
体の使い方には問題が無くて、別の部分の矯正が
必要かもしれません。

Kさんと全く同じスイングじゃない限り、
ヒールupして打っても、決して飛距離も伸びないし、
安定もしないでしょう。

 

いつもお伝えするように、スイングは10人10色
別の人の真似をするのではなく、あなたのスイングを
極めて下さい。

 

本物のナイスショットと安定したスコアアップのために
A.Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

vol.322スクエアではダメな理由