vol.266 肩をきちんと回転できるようになるコツ

バックスイングできちんと肩を回転できない
(肩の回転量を確保できない)

こう言った方へのヒントを3つ紹介します。

肩の回転に限りませんが、そもそも
やりたい事が上手く出来ないのは、
理由があるのです。

一生懸命取り組んでも上手く
出来ない場合は、

1,やり方が間違っている
2,阻害要素がある

これらのどちらかの状況です。

今回紹介するのは2を取り除くことで
上手く肩を回転出来るようになりましょう
という物です。

では、動画でご覧ください。

さて、実は肩が回転できていないことで
ショットが不安定な人は、そんなに多くないのです。

 

実際には肩の回転以外の何か別の問題があって
その影響で肩が回転していないという
症状の方が圧倒的に多いのです。

 

それと、ミスや失敗があると
「肩が回転していないからだ」
という判断をする場合も多いですね。

よくあるのは、
・フックするから
・スライスするから
・リズムが早いから
・手打ちだから
等です。

 

ゴルフのスイングのインパクトは
わずか1/2000秒しかないので、
どんな処置をしても上手く当たる
ことがありますが、安定して
良いショットが打てない場合、
偶然上手く打てたに過ぎないのです。

 

実際のプレーでは、偶然の良いショット
を安定して出すことは不可能です。

 

今よりももっと良いスコアでプレーできる
ようになるには、偶然ではなく、いつも
安定して打てるスイングが必要ですね?

 

それには、自分自身のスイングの
どこに問題があり、どうやって修正すれば
いいのかを知り、正しい練習をしなくては
なりません。

 

動画でもお話ししましたが、型にはめずに
自分自身特有の問題やクセをしっかりと
理解し、その部分を直すことです。

 

いくつもの事は不要です。
たった1つ自分の問題を減らせば、
スイング全体の流れが良くなってきて
安定してきます。

いつもお伝えしているように
ほとんどの人の鍵は
“バックスイング”にあります。

バックスイングのズレを改善
すれば、もっと安定して上手く
打てるようになりますよ(^^)

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

本当のナイスショットと安定したスコアアップのために
A.Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

vol.265 メンタルの基本

次の記事

vol.267 前傾角度の保ち方