vol.310フェアウェイウッドを上手く打つコツ

このクラブはいいのに、このクラブは打てない

 

よくあることですね。。
特に多いのは、フェアウェイウッド(FW)
が苦手という人です

 

本質的なことを言ってしまうと、
話が終わっちゃうのですが(笑)、
スイングの問題が特定のクラブで顕著に
出ているだけなのです。

 

ですから、
ご自身のスイングの問題が解消すれば
不得意クラブも無くなり、どのクラブでも
上手く打てます。

 

ただ、今日の内容は、そうではなくて
どうやって上手く”対処”するか?
です^^

 

*今日の記事の対象は、主に男性です。
セカンドショットでウッドを使うことが多い女性で
FWが苦手な方の場合は、スイング自体を向上することが
必須事項だからです。

 

FWでよく出るミスは、
トップ(やゴロ、チョロ、ヒール、空振り)
ですね。

もう1つのミスのパターンは、
球が低すぎるのと逆に高く上がってスライスですが、
これらは一応ボールを捉えられて、
前には進んでいけるので、今回は除外します。

FWのトップの原因は、主に
スイング軌道のズレにあります。

スイング軌道が
目標の右に向かってしまうインサイドアウト
目標の左に向かってしまうアウトサイドイン

これらの軌道のズレが大きくなった時に、
トップが出るのです。

インサイドアウトにズレている人は、
本当にボールの上に当たるトップか
ヒールに当たるチョロ系のミス

アウトサイドインにズレている人は、
ヒール気味に当たるトップと感じるミス

になります。

よく聞く

力んだ
突っ込んだ
伸び上がった
顔が上がった
すくい上げた

等は、全て
そう感じたとしても、それ以外のところに
問題の原因があることが多いものです。

本来は根本的な治療をしないと、その原因を
無くして、安定して打つ事は難しく、
一定の頻度でミスが出てしまいます。

しかし、スイングを根本的に改善していなくても
自分のミスの原因が分かっていて
その応急処置的対処が分かれば、
とりあえず当てて、前に進むことができます

では、コツを見ていきましょう。

まず
インサイドアウト軌道にズレているタイプでは、

インテンショナルフェードボールを打つ事

ここで方法は解説しませんが、やり方は
そんなに高度なものではないので、
空振りせずにボールに当てることができれば
誰でもできます

これにより極端なインサイドアウト軌道が
減らせるので、トップせずにしっかりと
ボールにミートすることができるようになります。

反対のアウトサイドインに
スイング軌道がズレているタイプの方は、

・実際に打つボールの内側(自分寄り)を振る
(先っぽに当てるようにする)

・ボールをよく見ようとせずに
バックスイングでは右、
ダウンからフォローでは左にと
体を回転させる

・横振りのイメージ
(打ち込まずに払う)

・思い切り打たずに、2、3割の力加減で
極力軽く打つ

・腕でスイングせずに、軽く脇をしめて
体の回転でスイング。
腕はでんでん太鼓の紐のように「振られる」
だけの、状態にすること

・グリップを超短く持って打つ

などの対処があります。
他にもありますが、とりあえず何れをやっても
トップする場合は、根本治療が必要です(笑)

まずは、スイング軌道のズレを把握することですね

それから、今回紹介した
応急処置対処を試してみること

ミスを恐れずに、思い切ってやってみましょう

完全な良いショットを出すことが目的ではなく
とりあえずトップせずに前に飛ばすことが目的なのです。

自分の最大飛距離が出なくても、7、8割くらい
飛んでいれば、スコアを落とさずに済むように
なります。

例えば5Wで200飛ばせる人は、150ヤード前後
150ヤード飛ばせるならば、110ヤード前後
と言う具合に進めば、悪くてもボギーは狙えますね?

トップして50ヤードしか飛ばないとかだと
再度長いクラブでの打ち直しが必要で
更にミスしたりすることも出てきます。

とりあえず当てて前に飛ばす

これができたら、だいぶマシになるはずです。

どんなコースでも70台を出したいと言う上級者以外は、
こう言った「とりあえず何とかする」的な対処を
知って身につけることが大切です

ゴルフはスイングではなく、スコアを競うスポーツです

とくに100が切れない方とか、90台も出るけど、
調子が悪いと100以上打ってしまう方などは、
大きなミスが出なければ、スコアを良くすることが
出来ると言うことを、知ることも大切です。

どんなスイングでも構わないので、
「とりあえず当てて前に飛ばす」

今回紹介したこと以外にも、たくさん方法はあります。
応急処置は、皆さんの大好きなYouTubeを見れば、
いくらでも出てきますから、
自分に合った方法を見つけてください。

どんな方法でも構わないので、自分なりに
上手くボールに当てられる方法を身につけること。

それができれば、斜面や普通ではないライの時も
上手く対処できるようになります。

反対にこう言った、その場しのぎ的な対処が
できなければ、どんなに良いスイング型でも
良いスコアを出すことは難しくなります

スイングを本質的に改善するのは、苦労が伴います。
できるまで、不断の努力も必要です。
80台中盤よりも良いスコアを安定して出すには、
それをやるしかないのですが、

もしあなたの目標がそうであっても、
とりあえず当てることが

いつでもできる

と言う状態は必要です。
本当の上級者は、いつでもそれができるのです。

鍵は、
クラブヘッドを操ること
です。

 

とにかく当てて前に飛ばしましょう!!(笑)

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

本物のナイスショットと安定したスコアアップのために
A.Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

vol.311夏ラフの対策