vol.335スイングを安定させるために大切な2つのポイント

多くの人が、安定して上手く打ちたいと
色々なことに取り組みます。

YouTubeを見ても、色々なことがあり
どれをやったら良いのか?

 

順番に取り組むのにどれから手を付けたら
いいのか?

 

同じことでも違う意見があり、どれが
本当に正解なのか?

 

悩ましいですね。。(^^;

 

ゴルフのスイングを安定させるための
大切なポイントは、分類したら、
実は2つだけなのです。

 

その2つとは、
体(胴体、脚など)をどう使うか?
腕(手首、腕、肘など)をどう使うか?
です。

 

色々な動きが組み合わさって、
スイングができていて、各場所や
それぞれの動きが良くならないと
スイング全体が良くならないと
思ってしまいますが、

 

実は違うのです。

 

99%の人が、安定したスイングになるために
改善するべきは、上記した2つのポイントの
どちらか1つだけでいいのです。

 

ですから、もしあなたが上手くなりたい、
もっと安定して良いショットを打ちたい
と思うのであれば、ご自分のスイングの
どちらかの問題を改善することです。

 

私たちのアカデミーのレッスンでも、
このどちらかを改善することで、生徒さん達の
スイングを改善していますし、世界中にある
レッドベターゴルフアカデミーでも
同じ手法で成果を出しています。

 

プロやトップアマで活躍したいと
言ったレベルになるためには、時に
片方が改善したら、もう一方の改善に
取り組む必要がある時もあります。

 

しかしほとんどの人の場合は、
どちらかの主要な問題点が改善されると
もう一方の問題も“自然と”軽減していき、
スイング全体が向上していくのです。

 

私もかつて研修生だった頃は、
腕はこう
手首はこう
膝はこう
肩はこう
腰はこう
手首はこう
体重移動はこう
ダウンはこう
等と色々なことを考えながら
やっていましたが、
いくら練習しても安定しませんでした(笑)

 

どうすれば、スイングが改善し、
どうすれば上手くなっていくのか?
そう言ったことが全く分かっていなかったので
闇雲に気になる点を練習していたのです。

 

当時は雑誌、今はYouTube

 

時代は変わって、メディアも変わりましたが
ゴルファーが明確なガイドを持たずに
彷徨っている状況は、全く変わりません(笑)

 

もし安定して良いショットを打つために
スイングを改善したいと思ったら、自分の
ウィークポイントを1つを改善しましょう。

 

それが出来れば、あなたがコースで打つミスが
減りますし、仮にミスしてもナイスミスとなり
スコアの足を引っ張る大きなミスではなくなるでしょう。

 

逆に、大切な1つのポイント以外に取り組んでも
練習をしても、しても安定しないという、かつての
私のような状態から何年も抜け出せないことに
なります。

 

体の使い方
腕の使い方

 

どちらかを改善するのです^^

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

追伸:
2つと記しましたが、本当はこれ以外に
”セットアップ”という打つ前の準備を正すことが
必須事項になります。

その点を忘れずに。

 

本物のナイスショットと安定したスコアアップのために
A.Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

vol.336力みを取る呼吸法