vol.336力みを取る呼吸法

ボールを打った後に、
「はぁ~っ!」とか
「うっ!!」などの声が出てしまう方
いらっしゃいますね。。(^^;

 

力んではいけないと思いつつ
なかなか力みが取れないな。。と
思っている方も含めて、これから紹介する
呼吸法は力みを解消する役に立つ
と思いますので試してみて下さい。

 

インパクトで声が出てしまったり、
打った後に出てしまう場合、
そこまで息を止めてしまっていることが
多いものです。

 

通常ゴルフスイングは、遅くとも2秒以内
には終わります。

しかし、運動動作をしインパクトという
力が集約される部分があると、その間
呼吸を止めていると自然とフォローや
フィニッシュでは止めたままでは
いられずに「うっ!」とか「はぁ~!」
などと息を発してしまうのです。

 

息を吐いたり、声が出てしまう方は
たいていは無駄な力が入っていたり
インパクトで強く打とうとしています。

 

リラックスするには「深呼吸」と
言われますね?

深呼吸の効果は調べていただくと
色々と出てきますので、ここでは
触れませんが、呼吸は止めているより
普通にしていた方が、体を自然な状態
に保てます。

スイングも息を止めずに普通に
呼吸している状態でやりたいものです。

 

では、以下に呼吸法を紹介します。

1、まずアドレスしたら、
息を吸い込みます

2,この吸った息をフィニッシュに
かけて少しずつ吐き続けるのです。

途中で止まったり、どこかで
一気に吐き出してしまう場所があれば
そこが力が入っている場所です。

3,途中で止めたり、一気に吐いてしまう
ことがなくなり、緩やかに吐き続けたまま
フィニッシュまで行けるようになれば合格です。

よく分からない場合、息を吸い込んでから
始動して吐いていく時に、

「ふー」とか「うー」とか小さく声を
発しながらスイングしてみれば、
自分がどうなっているか分かります。

 

これは、力んでいなかったり、普通に呼吸して
スイングしている方には、特別な効果は
ありません。いつも通りだからです^^;

 

でも、普段息を止めてスイングしている方には、
良い練習となります。

 

ちなみに、全身全霊をかけて力いっぱい打つ
ようにしてしまうと、この呼吸法でも
いつまで経っても上手くできるようには
ならないと思います。

 

短めのアイアンで、低めにティーアップ
して、軽く打つという風にしてトライしましょう。

 

息を止めずにスイングできるようになれば、
スムースに動けて、無駄に力むことも
なくなるでしょう。

是非、試してみてくださいね。

 

追伸:
ゴルフを始めたころは、ほとんどの人が
力んでいます。経験を積み、力んではいけないと
知り、力も抜けてくるのですが、どんなに
経験を積んで普段力まずにできていても、
何かのきっかけで、つい

「力を入れて」

打ってミスしてしまうのがゴルフです。
難しいものですね。。(笑)

 

追追伸:
プロはなんであんなに軽くスイングして
猛烈に飛ばすんだろう?と思いますね。

スイングが合理的になればなるほど
無駄に力を入れずに自然とスピードが出せるように
なるのです。

うまい人ほど、力まず飛んで
そうじゃない人ほど、力いっぱいに
見えて失敗する

どのスポーツも同じです^^;

 

無駄に力まず、勝手に飛んじゃうように
なりたいものですね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

本物のナイスショットと安定したスコアアップのために
A.Ishida

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA